見方の違い

例えば同じ事柄でも見方の違いで変わるもの この世界は誰もがそれぞれで真理を探っている 後々同じ事柄でも見方の違...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

先生は新人さん ⑷ 私は振り切り店に戻る。カウンターの奥から麻袋を取り出して焙煎前のコーヒー豆…つまりは生豆を...

秋も

秋も急ぐかなり早く過ぎ去っていくだろう 追いつかないのは自分だけか疲れが吐き出せない 冬も間近寒さあるが雪まで...

夏の余韻

夏の余韻は暑さだけ見える景色既に秋色 ぼちぼちとする年越しの準備始めている早いけど 夏の余韻のアイス食べカップ...

急に寒く

肌寒く朝がきた半袖半ズボンキツイかな 隣には丸くなった猫が寝ていた 飲み物もホットコーヒー切り替え湯を沸かす待...

片付け

台風一過後片付けも一連の流れやれやれと 空気の流れも混ざり合って楽になりそう秋空の下で 次々とくるその後またす...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

先生は新人さん ⑶ 彼女を連れて店の離れにあるアトリエに来た。「立派なアトリエね」「奥には住居スペースもあるか...

雨嵐

叩きつける轟々と唸って吹き荒れる雨嵐 この時はいかにも無力だと待つしかなく 振り続けるバシャバシャと叩き土掘ら...

クチビルに誓いを

新たな持ち主? ⑷  先生は金属バットを振り回しながら追いかける。同時に周りの生徒達も一斉に私を追いかける。「...

迷ったけれど

迷ったけれどもうちょっと待ってみるそう決めた 片付けは簡単だが進むのは難しい 迷ったけれどもうちょっとやってみ...

勤しんで

秋になり色々と勤しんでみる 足りないパーツを自分で補給して これからも色々と勤しんでいく 新しい時代に対応する...

出来るからと

出来るからと鷹を括るのは間違いで欠点であり 常に厳しく向き合う意思の表れが必要だ 出来ないなら一歩ずつ進んで努...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

先生は新人さん ⑵ 「でも本当なんだね。ここの喫茶店は客の声を聞くだけでメニューが出せるって」水を一気飲みした...

また暑く

また暑く南から近づいて風にのせて 早く帰って言いたいのは間近の家々だろうが また暑く昼間から汗だくになりながら...

雑草だって

人にとって厄介者だが雑草だって必死なんだ どんなに土が硬くても僅かな望みを託す 夏にとって絶好の機会雑草だって...

クチビルに誓いを

新たな持ち主? ⑶ 「植物状態。もう一生、目が覚めるこはない」やっぱり。「とにかく術者を探さないと……。加奈、...

先に数える

近頃は先に数える身近なもの買うことに いつまでか予測して指折りに想像して 人生ってあっという間で振り回され終わ...

ラジオ

デジタルもアナログも変わらぬラジオ 一人でゆったりとしたその時間を楽しんでる 配線を探すのも変わらぬラジオ あ...

朝焼け

色々な朝焼けがある晴れた日に雨の日や だけど皆同じではない全て決まっていない 台風前も朝焼けがある強く吹く風に...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

先生は新人さん ⑴ 私は飲みかけのコーヒーを置き、その重そうな荷物の主に近寄る。いかにもパンパンにはち切れそう...

もうちょっと

もうちょっと工夫してと言い回し方もお粗末すぎて 意識などの温度差は天と地よく考えて もうちょっと月日かけて説得...

誕生日会

少し前までは主役だった誰でもそうだった まだまだするかしないかは決めさせて 昔懐かしむそんな時刻み誰でも脇役 ...

クチビルに誓いを

新たな持ち主? ⑵ 本当は今日は学校は休みたかった。行きたくない。そんな気分だった。だけど来てしまった。周りは...

土砂降りで

唐突に始まる土砂降りの雨雷も鳴る昼の時間 濡れたくない今はただ待つばかり 喫茶で飲むのは温かいコーヒートースト...

もやもやするそんな時は庭で椅子を置きじっと見る 花もいいが隙間に生える苔が映えていて うとうとするそんな時間椅...

台風前は

台風前は家にいて悩みない猫といる 外では風が吹いて木や葉が散らかるのに 台風前は家で寝てテレビつけ確かめる 外...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

数日後 ⑸ はぁと溜息もつきたくなる。それ程にいま自分が好きじゃない。何処でミスったんだろうかとか、堂々巡りし...

やっと

やっと終わったクーラーの生活浪費から便利になる だるさもなく疲れもない秋の始まり感じた夜 やっと始まるお出かけ...

秋空で

夏の終わり蝉時雨が寂しくてもう最期かと 秋空で少しだけ長袖を着てみた 秋の始まり彼岸花はまだかというまだ見れな...

クチビルに誓いを

新たな持ち主? ⑴ 東真那は朝4時には私の部屋から出て行った。私は身体の火照りが鎮まらないままのアソコが痺れて...