縁側にて
本を読む
程よい温もり
気持ちよくて

静寂の中の
止まる日常
うとうと
目を閉じる

縁側へと
続く部屋
逆さで見てみた
気持ち悪い

秒針が動く
進む日常
ただただ
目で見てる