学生の頃は
卒業でできた
一区切り
なんとなく

何もなく
考えず
おしまいして

人生において
余命が逼る
一区切り
どこでなく

その時が
逼るまで
意識せずに