万が一という
言葉がある限り
万が一という
事態を避けていく

判断の
見極めは
好材料を
待ち続ける

四季があるという
土地柄も皮肉
四季があるという
タイミングもない

判断は
自己なんだ
匙を投げた
責のなさ