いかにも
便利であろうが
溺れてはいけない

信じすぎる
その過信が
混乱を招く

たまには
不便利を知る
溺れてはいけない

無かった頃を
思い出して
楽しめばいいと