契約の交わり ⑸

「あ……んあ……」
「気持ちいいのはわかります。返事は? 」
もう出し入れする指が何本なのかもわからない。出し入れする音も激しくなる。それに合わせて私の身体も上下する。
「西野さん、いやらしい」
突然、指を抜いた。
「え⁈ 」
ネットがした指先を私に見せる。
「どう? 途中でやめたよ。本当はもっともっとたくさん私にシテ欲しいですよね? 」
そのまま私の口に入れる。
「返事をしてください」
「あ…ゔ……」
「もう指の出し入れじ満足出来ないですよね? 」
「あ……ゔ……ん」
「もっとシテ欲しいですよね? 」
口調が変わる。敬語だけど命令調。私を『支配』するかのように口の奥に指を突っ込ませ一気に抜く。
はぁ……はぁ…はぁ……はぁ…。
目の前に東さんの陰毛が見える。アソコの割れ目も見える。
「返事の代わりに私のアソコを舐めてください。いやらしい西野さんを見ていると私のアソコがジンジンして我慢出来ないです。西野さんのせいだから」
腰を振りながら私の口に陰毛が触る。陰毛からは甘酸っぱい香りが鼻につく。
「舐めてくれたら西野さんのアソコ、もっとシテあげます。イケないなんてイヤですよね? 」
アソコが口を塞いだ。
「ゔ……ゔ……ゔ……ぐ」
息苦しい。
バタバタするのを確認してから離れ、またアソコを見せる。
「な、舐めてください、西野さん。何回でもしますよ」
口調も目付きも更にキツく変わる。
こ、コワイ。
身体が震え出す。
意識とは別に舌を出していた。
「契約成立。さ、舐めて」