契約の交わり ⑹

アソコの割れ目を初めて舐めた。甘酸っぱい香りと割れ目から湿り出す体液の苦味のある味がする。
「西野さん、すごい……すごい……あ…あん……い…すごい……い……」
東さんの腰がくねる。
私のアソコもまた出し入れが始まる。
あ…い…い…あん…すごい…。
イヤだけど感じちゃう。
ぴちゃぴちゃと音を立てて舐める東さんの割れ目にどんどん舌が入っていく。
「西野さん、素敵です。こんなに感じちゃうの初めて……あん……すごい」
はぁ……はぁ……はぁ……。
東さん自ら離れるまで続く。
「今度は私が西野さんに気持ちいいことをしてあげます」
東さんの頭が私の股に入って手でアソコを開いて舌を出してぴちゃぴちゃと割れ目の中を舐める。
ぴちゃぴちゃ……ぴちゃぴちゃ……と。
「あ、東…さん……」
「西野さんってすごい。自分から私の口に押し込めてくる」
割れ目の上まで舌が触る。
び、ビク!
大きく身体からくねる肢体。
「西野さんの一番感じちゃうクリトリス……もうこんなに硬くしちゃって。ここを弄ると更にエッチになるね」
「あ…だ……だ…だめ……」
「ダメな割りには求めているよ。本当にいやらしい」
箸でつまむように指で挟む。同時に身体全身に痺れが走る。
「ダメ……だ…め……かんじちゃ……う。」
「かんじちゃうんですね。こんなコトをしたらどうなるのかな? 」
ク、クリトリスに東さんの舌が!
全身が一瞬に痺れる。
「あ……だ、だめぇ、だめぇ……い、いい! 」
どんどん激しくなっていく。どんどん私の中に入ってくる。だめぇ……、かんじちゃう。
全身が震えた。
「イッていいですよ、西野さん」
唇がクリトリスを噛んだ。
「イッ……だ、だめぇ……い、イッちゃう……! 」
な、何も考えられない!
全身の身体のチカラが抜けていった。