喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

私は今日もカウンターに立つ ⑷ 喫茶 香風は見た目は実に時代を思わせるノスタルジックな雰囲気を漂わせている。使...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

私は今日もカウンターに立つ ⑶ 葬式や相続やで色々としていると一か月なんてあっという間に終わる。四十九日までは...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

私は今日もカウンターに立つ ⑵ メニューはない。注文は言う。「それはなんと無茶苦茶な」苦笑いでしかない。祖母も...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

私は今日もカウンターに立つ ⑴ 時の流れは同じのはずだけど、この場所は特別だと私はいえる。柱やテーブル、棚やカ...