喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

先生は新人さん ⑶ 彼女を連れて店の離れにあるアトリエに来た。「立派なアトリエね」「奥には住居スペースもあるか...

クチビルに誓いを

新たな持ち主? ⑷  先生は金属バットを振り回しながら追いかける。同時に周りの生徒達も一斉に私を追いかける。「...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

先生は新人さん ⑵ 「でも本当なんだね。ここの喫茶店は客の声を聞くだけでメニューが出せるって」水を一気飲みした...

クチビルに誓いを

新たな持ち主? ⑶ 「植物状態。もう一生、目が覚めるこはない」やっぱり。「とにかく術者を探さないと……。加奈、...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

先生は新人さん ⑴ 私は飲みかけのコーヒーを置き、その重そうな荷物の主に近寄る。いかにもパンパンにはち切れそう...

クチビルに誓いを

新たな持ち主? ⑵ 本当は今日は学校は休みたかった。行きたくない。そんな気分だった。だけど来てしまった。周りは...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

数日後 ⑸ はぁと溜息もつきたくなる。それ程にいま自分が好きじゃない。何処でミスったんだろうかとか、堂々巡りし...

クチビルに誓いを

新たな持ち主? ⑴ 東真那は朝4時には私の部屋から出て行った。私は身体の火照りが鎮まらないままのアソコが痺れて...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

数日後 ⑷ 甘い香りが鼻につく。黒砂糖の独特の甘みがコーヒーの苦さよりも先にきた。目を閉じて唇に触れる熱さも気...

クチビルに誓いを

契約の交わり ⑹ アソコの割れ目を初めて舐めた。甘酸っぱい香りと割れ目から湿り出す体液の苦味のある味がする。「...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

数日後 ⑶ はぁと吐く溜め息混じりの音でさえ響き渡るこの空間に私はいま、自分自身のコーヒーを淹れようとしている...

クチビルに誓いを

契約の交わり ⑸ 「あ……んあ……」「気持ちいいのはわかります。返事は? 」もう出し入れする指が何本なのかもわ...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

数日後 ⑵ 退屈さ的な気持ちから疲れになって体にきたのは最初は祖母から譲り受けた初日以来だった。第三者の依頼で...

クチビルに誓いを

契約の交わり ⑷ その間でも出し入れする指先の動きが止まらない。はぁ…はぁ……はぁ…はぁ……。東さん自ら離れた...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

数日後 ⑴ あの人がお帰りになってから数日後。喫茶 香風は相変わらずの暇さ加減だ。この店には必要な物以外は何も...

クチビルに誓いを

契約の交わり ⑶ 「どっちでもいいでしょう? そう、『東の巫女』の私も知っているのね。私の秘密を知っている西野...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑼ 「祖母は私にこう仰ったわ。貴女があの娘を画家にしなさい。と。そのうちに貴女が抱えているモノも...

クチビルに誓いを

契約の交わり ⑵ 他人と寝ていることを忘れていた。三十分、一時間と時が経つ。裸で寝ているとはいえ、二人の身体が...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑻ 言い切った途端に笑いが起こった。大笑いじゃないが他に客がいない店内に響き渡る。 「久しぶりに...

クチビルに誓いを

契約の交わり ⑴ 意識が身体に戻った。倒れているのに同時に襲う目眩が酷い。部屋のドアが時計回りに回って見える。...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑺ 私はサイフォンに残った豆のカスを棄てる。彼女は黙々とガトーショコラを食べ、最後にコーヒーを一...

クチビルに誓いを

古の巫女と『鏡』⑹ 「お互いの唇、胸、脚まで絡めた。上下から白濁る愛液も溢れた。周りの戦火なんて忘れた。やがて...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑹ 彼女は続けた。「例えば鉛筆を今はこう持って貴女を描いています」アルコールランプの火を消す。「...

クチビルに誓いを

古の巫女と『鏡』⑸ だけど今の私は聞きたい一心しかない。「そこで卑弥にも巫女のチカラがあると信じさせることにし...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑸ 「私、本当は旅をしたいんです」彼女の口から聞いた口調は真剣だった。スケッチブックに鉛筆を走ら...

クチビルに誓いを

古の巫女と『鏡』⑷ 目を開いたら建物の前に一人の女の子がいる。見るからに身分が高そうな服装をしている。「あの娘...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑷ 彼女は忘れていたかのように付け加えた。「すみません、言い忘れていました。先に白湯を」白湯?「...

クチビルに誓いを

古の巫女と『鏡』 ⑶ 「ねー、ここは? 」瞬きの間に着いた。山々に囲まれた石で出来たピラミッドらしい建造物があ...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑶ シャシャと鋭利なカッターで紙を切るかのような音が鳴り出す。私は何を描いているのか分からない。...

クリビルに誓いを

古の巫女と『鏡』 ⑵ 「さてと久しぶりと言うべきなのかしらね、西の巫女。今の貴女は……」「分かっている。この身...