喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

先生は新人さん ⑶ 彼女を連れて店の離れにあるアトリエに来た。「立派なアトリエね」「奥には住居スペースもあるか...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

先生は新人さん ⑵ 「でも本当なんだね。ここの喫茶店は客の声を聞くだけでメニューが出せるって」水を一気飲みした...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

先生は新人さん ⑴ 私は飲みかけのコーヒーを置き、その重そうな荷物の主に近寄る。いかにもパンパンにはち切れそう...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

数日後 ⑸ はぁと溜息もつきたくなる。それ程にいま自分が好きじゃない。何処でミスったんだろうかとか、堂々巡りし...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

数日後 ⑷ 甘い香りが鼻につく。黒砂糖の独特の甘みがコーヒーの苦さよりも先にきた。目を閉じて唇に触れる熱さも気...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

数日後 ⑶ はぁと吐く溜め息混じりの音でさえ響き渡るこの空間に私はいま、自分自身のコーヒーを淹れようとしている...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

数日後 ⑵ 退屈さ的な気持ちから疲れになって体にきたのは最初は祖母から譲り受けた初日以来だった。第三者の依頼で...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

数日後 ⑴ あの人がお帰りになってから数日後。喫茶 香風は相変わらずの暇さ加減だ。この店には必要な物以外は何も...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑼ 「祖母は私にこう仰ったわ。貴女があの娘を画家にしなさい。と。そのうちに貴女が抱えているモノも...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑻ 言い切った途端に笑いが起こった。大笑いじゃないが他に客がいない店内に響き渡る。 「久しぶりに...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑺ 私はサイフォンに残った豆のカスを棄てる。彼女は黙々とガトーショコラを食べ、最後にコーヒーを一...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑹ 彼女は続けた。「例えば鉛筆を今はこう持って貴女を描いています」アルコールランプの火を消す。「...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑸ 「私、本当は旅をしたいんです」彼女の口から聞いた口調は真剣だった。スケッチブックに鉛筆を走ら...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑷ 彼女は忘れていたかのように付け加えた。「すみません、言い忘れていました。先に白湯を」白湯?「...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑶ シャシャと鋭利なカッターで紙を切るかのような音が鳴り出す。私は何を描いているのか分からない。...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑵ 入ってきたのはおそらく私より年上だ。背は私よりも低く眼鏡をしているが反射が無いから伊達だ。そ...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は⑴ 海の波音がよく聞こえる。窓から見ればキラキラと光る波が美しい。そしてカーテンを靡かせる風は潮の...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

目指す未来に ⑸ 「さてと園風さんと私の関係がわかった今の貴女なら次も予測が出来るとは思うけど、絵はお描きにな...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

目指す未来に ⑷ すると電話越しの老女らしき人は言う。「うふふ、そっくりね。園風さんがあなたを跡継ぎと指名した...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

目指す未来に ⑶ 例えばこれを完成させたらいいが果たして祖母が描いた絵としては売れるのだろうか?そもそも私は絵...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

目指す未来に ⑵ とりあえず鍵を開けた。ギギギと軋みながらドアが開くと同時に埃が舞い上がる。手で仰ぎながら中へ...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

目指す未来に ⑴ 「ありがとうございました」とお礼を言うと紳士は軽く手を上げて喫茶 香風を後にした。その間際に...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

最初の客人は ⑻ 「それじゃ、そろそろ御暇するよ。お代は? 」立ち上りポケットを探る。「お代はもういただきまし...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

最初の客人は ⑺ 「その本、若い青年の青春小説ですよ。友情や恋愛、未来の葛藤など。実にリアルでまるで聞いてきた...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

最初の客人は ⑹ 「でも本当に知らないのですか? 」「『彼女』のコトをかい? 」「ええ」それを聞いて口許が緩む...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

最初の客人は ⑸ 確かに職場によってはわからない。「どんな話をしたのですか? 」見えていない相手に話すことは大...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

最初の客人は ⑷ 再びコーヒーを口に運ぶ。「顔も姿も見なったのですか? 」「ああ」「なぜ、懐中時計が合図になっ...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

最初の客人は ⑶ スプーンでカップの底に溜まった砂糖を救い出して口に入れた。「どんな方でしたか? 」カウンター...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

最初の客人は ⑵ 雰囲気は紳士。髪は綺麗な黒の髪にわずかに白髪が混じる。服装はTシャツにGパン。体格も歳から推...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

最初の客人は ⑴ 海の波音がよく聞こえる。窓から見ればキラキラと光る波が美しい。道路を走る車や貨物トラックのタ...