喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

先生は新人さん ⑴ 私は飲みかけのコーヒーを置き、その重そうな荷物の主に近寄る。いかにもパンパンにはち切れそう...

クチビルに誓いを

新たな持ち主? ⑴ 東真那は朝4時には私の部屋から出て行った。私は身体の火照りが鎮まらないままのアソコが痺れて...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

数日後 ⑴ あの人がお帰りになってから数日後。喫茶 香風は相変わらずの暇さ加減だ。この店には必要な物以外は何も...

クチビルに誓いを

契約の交わり ⑵ 他人と寝ていることを忘れていた。三十分、一時間と時が経つ。裸で寝ているとはいえ、二人の身体が...

クチビルに誓いを

契約の交わり ⑴ 意識が身体に戻った。倒れているのに同時に襲う目眩が酷い。部屋のドアが時計回りに回って見える。...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は ⑵ 入ってきたのはおそらく私より年上だ。背は私よりも低く眼鏡をしているが反射が無いから伊達だ。そ...

喫茶 香風は今日も一人の話を聞く為に開店する

絵描きの夢は⑴ 海の波音がよく聞こえる。窓から見ればキラキラと光る波が美しい。そしてカーテンを靡かせる風は潮の...